DSCN0246

王道の赤ネイル

2012年7月23日

はてなブックマーク - 王道の赤ネイル
はてなブックマーク - 王道の赤ネイル

フットネイルで老若男女、シーズン問わずそして国籍問わずで

必ず出る色といったらこちらの赤。

 

10本の指に全部となると日本の文化ではちょっと躊躇いたしますが、

フットならOK!といったところではないでしょうか??

 

伸びてきたときに真っ赤だとちょっとばれてしまうということで

根本にラメを置いてみました。

これなら伸びてきたときにご自分でお持ちになっているラメを根本に塗っていけば

ちょっとは伸びてきたこともごまかしがきくとおもいます。

 

こういったはっきりした色の場合ですとオススメデザインです。

 

 

さて今日はご近所さんにチラシを投函してきました。

 

六本木って皆さんどういったイメージがありますか?

 

なんとなーく外人がおおくて、華やかで、リッチな感じのお店がたくさんあって

おしゃれな街って感じがしますでしょ?

 

私もそう思っていました。

 

しかし1本裏道に入ると以外な六本木の一面が見えてきます。

 

キャンアイ六本木店は日比谷線出口から徒歩2分です。

そして六本木ヒルズの前で、目の前の道をまっすぐ5分くらいあるくと

ミッドタウンにたどり着きます。

そして反対側にいくと麻布交差点があり、

ホブソンズがあります。

 

というとなんかすごいところにありそう・・・。

 

とイメージされます。

私のお友達も六本木のネイルサロンといっただけで

なぜか私がエリザベスカラーの白いブラウスに黒いロングタイトスカートに夜会巻き

そして黒いスーツをきた従業員が10人くらいずらりと並び

シャンデリアに赤いじゅうたん・・・

 

と、これは考えすぎですが、まあこんな風に思っていたようです。

いったいどんなパトロンをみつけたの?と。

 

しかしブログに六本木店の写真がついているのでなーんだ、と。

 

そう、六本木とおりから1本裏に入るといがいに生活感のある

街なのです。

ステテコをきたおじいちゃんや、トラックに野菜をいっぱいつんで

売りに来ているおじさんやそれに群がるご地元ご近所のかたがた・・・。

 

建物も昭和っぽいものばかりです。

 

サロンの近くに公園もあるのですが、

今日は公園の横道を通るとせみが鳴いていて

3箇所、蚊に食われてしまいました。

 

裏道は、六本木なのにちょっとほっとするスポットです。

 

そんな中にキャンアイ六本木店があります。

 

ちかくにはおいしいラーメン屋さんも何件かありますよ!

 

よかったらまた遊びに来てくださいね!

 

 

クーポンゲット